本文へスキップ

株式会社E&Eテクノサービスは環境とエネルギーに技術で貢献する会社です。

〒312-0003 茨城県ひたちなか市足崎西原1476-19

TEL. 029-212-8880

原子力関連事業SERVICE&PRODUCTS


 私たちの快適で豊かな暮らしを支える電気エネルギーは石油、石炭をはじめとするさまざまな資源から作り出されていますが、資源の乏しい我が国では、そのほとんどを海外からの輸入に頼っています。限りある資源を有効に活用し、地球温暖化防止など環境に配慮しながらエネルギーを安定供給することが大きな課題となっています。

 福島原発事故以降、原子力発電の安全性を問われていますが、火力・水力などの発電、原子力発電、再生可能エネルギーによる発電をバランスよく組み合わせ、それぞれの特徴を最大限に活用した「エネルギーミックス」を進めていくうえでは、原子力は必要不可欠であり、原子力エネルギーの安全性向上と有効利用に向けた研究開発を継続していくことが重要です。

 当社は、昭和53年に設立してから今日まで、国内唯一の総合的な原子力に関する研究開発機関である国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 殿において、原子力開発の一翼を担い、近年は以下の業務の技術支援を行っております。

福島研究開発に関する分野

 東京電力兜沒第一原子力発電所の廃止措置に向けて燃料デブリの取出し準備及び汚染水処理で発生する放射性廃棄物の処理・処分技術開発に関する試験研究等が進められており、当社は、これら試験施設での試験業務、運転保守業務において技術支援を行っております。


高速炉研究開発に関する分野

 我が国のエネルギー安定供給と地球環境問題に対応するため、高速炉の性能、信頼性、安全性の実証、基盤技術の確率に向けた技術開発等が進められており、当社は実験炉「常陽」等の施設を活用して行われている照射試験の照射後試験、放射化材料の物性試験等の技術支援を行っております。


核燃料サイクル技術開発に関する分野

 原子力エネルギーを有効利用するために進められている使用済燃料の再処理、混合酸化物燃料(MOX)燃料、放射性廃棄物の処理・処分技術の研究開発において、当社は以下の研究開発において技術支援を行っております。

  • 再処理におけるプルトニウム溶液の固化・安定化、高レベル廃液のガラス固化、低レベル廃棄物の廃棄体化、施設の廃止措置に向けた技術開発
  • 混合酸化物(MOX)燃料製造技術の高度化、燃料の基本物性研究、分析技術、保障措置、廃止措置等の技術開発
  • 原子力施設の廃止措置及び放射性廃棄物の処理処分に関する技術開発

原子力施設の維持管理、放射線管理の分野

 当社では、原子力施設の維持管理、放射線管理、放射能測定装置の点検整備等の技術支援も行っております。


バナースペース

 

株式会社E&Eテクノサービス

〒312-0003
茨城県ひたちなか市足崎西原1476-19

TEL 029-212-8880
FAX 029-212-8881

労働者派遣事業 派08-300371