リクルート

求める人材・先輩メッセージ

求める人材・先輩メッセージ

Tazawa Tomohiro 田澤 智大

  • 2013年入社
  • 東海事業所
  • 再処理技術部
  • 再処理環境二課
1.志望動機
大学では、機械工学科を専攻しており、太陽光を利用した研究をしていました。昔からエネルギー関係の仕事に携わりたいと思っており、大学内で開催された会社説明会で当社の事業内容等を聞き、興味を持ちました。また、地元で何か貢献できる仕事に就きたいと思っていた事もあり、当社を志望しました。
2.現在の職務
私は、原子力施設から発生する放射性廃棄物の処理技術開発の業務に携わっています。入社後、放射性廃棄物を焼却処理する施設の運転保守業務を経験し、現在は放射性廃棄物を処理する新規施設の試験運転業務を担当しています。新規施設の設備が設計どおりの性能が担保されているか?保守を行なう上での課題は何か?など所属するチームで話し合いながら業務を進めています。課題検討では、自分が発案した改善案が採用されることもあり、難しさを感じつつ、それと同時にやりがいも感じています。放射性廃棄物処理の分野は原子力施設の廃止措置を進めていくためにも重要な分野であるため、少しでも貢献できるように日々精進したいと思います。
3.今後の抱負
現在携わっている業務を安全第一に進めていくことです。また、技術面及び知識面での更なる向上と諸先輩方から積極的に意見を聞き、それを吸収して自分自身が成長できるようにしていきたいです。そして、業務を通して確実に役割を果たし、周りから頼られる存在になりたいです。
ひとことメッセージ
就職をして、長く働き続けるために大事なことは、職場の雰囲気や環境も大きな要素になると思います。当社は、職場の雰囲気も良く、先輩方も優しく、わからないことも丁寧に教えてくれます。仕事を一つ一つ覚えていき、共に成長しませんか?ぜひ一緒に働きましょう。

Kihata Yuuki 木幡 勇希

  • 2014年入社
  • 東海事業所
  • 再処理技術部
  • 再処理環境技術課
1.志望動機
大学時代は、原子力を専攻していましたので、卒業後も原子力の分野に関係する仕事をしたいと思っていました。当初は、東京で就職することを考えていたのですが、一方では生まれ育った地元、茨城県に貢献したいという気持ちもありました。茨城県内にはさまざまな原子力関連の企業がありましたが、大学主催の企業説明会にて、E&Eテクノサービスの業務の内容や地元の貢献実績などを知り、やはり地元で一緒に貢献したい気持ちが強くなり、当社を志望しました。
2.現在の職務
私は、原子力研究開発施設から発生する放射性廃棄物の貯蔵管理業務を担当しています。施設から発生する放射性固体廃棄物の受入や貯蔵、貯蔵した廃棄物の管理と施設内に設置している設備・機器の点検を行い、放射性固体廃棄物貯蔵施設の適切な維持管理に取り組んでいます。
3.今後の抱負
原子力業界は、東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故以来、放射線管理に対する不安や安全面で世間の皆さまから厳しい目で見られています。そのような中で、放射線による災害を起こさないことは当たり前でなければなりません。地味かもしれませんが、原子力業界の技術職の一員として基本的なことを遵守し、確実かつ的確な業務を遂行できるようになりたいと思います。また、仕事以外でも様々な分野に興味を示し新たな知識を学んで、深みのある大人になりたいと思います。
ひとことメッセージ
私は、原子力分野を理工系の総合分野だと思っています。放射線の知識以外にも電気や機械、化学及び環境等の各分野の知識を必要としており、自分の専門知識や経験を活かせる職種だと思います。また、教育や現場OJTにて放射線の基礎知識や放射線測定機器の使用方法等を学ぶので放射線の専門知識がなくても大丈夫です。自分の専門知識や経験を活かしたい方は、きっと満足できる職種が見つかります。ぜひ一緒に働きませんか。

Ishibashi Takahiro 石橋 孝裕

  • 2011年入社
  • 東海事業所
  • 再処理技術部
  • 再処理運転一課
1.志望動機
私が当社を志望した理由は、大学の時から原子力を専攻していたため、将来も原子力業界で働きたいと思っていたからです。中でも当社では、原子力施設の運転・保守・管理業務など現場での作業に直接関わる機会が多かったことも魅力的で当社を志望しました。
2.現在の職務
私は現在、原子力発電所で使用した使用済燃料を再処理工程で分離・精製し、回収されたウランとプルトニウムを含む溶液にマイクロ波を照射することで再び燃料として使用することのできる混合酸化物(MOX)粉末にする作業を行っています。現在は、その運転を終えて、廃止措置に向けて施設の維持管理、設備機器の保守点検を主な業務として行っています。
3.今後の抱負
これまでは、施設の運転のための原子力関係の知識を多く必要としていました。しかし、今後行われる再処理施設の廃止措置は、我が国初となる大型核燃料施設の廃止措置であり、約70年の期間をかけて実施されます。業務を安全に行うためには、これまでの経験と知識に加え、電気的・機械的な知識も必要になってきます。今後もさまざまなことを学習し、広い視野を持った技術者を目指し、安全最優先で業務を進めていきたいと思っています。
ひとことメッセージ
原子力業界に興味を抱いているけれども専門的な知識が多くて大変そうだと思われている方、業務では確かに専門的な知識が必要になってくることもありますが、入社時から専門的な知識を持っている人はほとんどいません。入社してからの新入社員研修やOJT教育を通じて、諸先輩方が親切に教えてくれますので、興味をお持ちの方はまずは会社説明会に足を運んでみて下さい!

Nakamura Yuuto 中村 悠登

  • 2016年入社
  • 東海事業所
  • 燃料環境技術部
  • 燃料技術一課
1.志望動機
日本は、東日本大震災以降に原子力発電が止まり、火力発電の割合が約8割以上を占めるようになりました。近年の夏の猛暑は尋常ではありません。因果関係はわかりませんが、火力発電では燃料を燃やす際に膨大なCO₂を発生し、地球温暖化に少なからず影響を与えてしまっていると私は思います。原子力発電ならばCO₂も発生せず環境にやさしいクリーンなエネルギーであり、これから先、確実に安全管理をしていけば原子力には明るい未来があると思い、原子力に関して技術力のある当社を志望しました。
2.現在の職務
私が所属している燃料技術一課は、高速炉で使用する燃料ペレット製造ラインの保守・管理や関連する技術開発を行っています。また、核物質を安全に取り扱うために外気と遮断されたグローブボックスという密閉装置の使用や保守、工程の管理も行っています。現在、将来のための製造ラインの保守方法の検討や、製造に関する技術の伝承は重要な業務と考えて作業を行っています。
3.今後の抱負
核物質の取り扱いは特殊なスキルなので、先輩方からノウハウを教わり知識と基本動作をしっかりと身に付け、安全第一で職務をこなし技術の向上に務めたいと思います。また、先輩に教えて頂いた事を確実に後輩に伝承していくのも大事な事と考えています。
ひとことメッセージ
E&Eテクノサービスは明るく活気のある会社です。先輩も優しい方ばかりで、何も分からなかった私にも丁寧な対応で接して下さり何度も助けてもらいました。皆さんも社会人になるうえで不安な事が沢山あるかと思いますが、この会社ならそんな不安も吹き飛んでしまいます。私たちと一緒に明るく元気に働きましょう。

Takeda Tsukasa 武田 司

  • 大洗事業所
  • 2015年入社
  • 照射技術課
1.志望動機
私がまだ学生だった頃に東京電力福島第一原子力発電所の事故が発生し、さまざまな問題が引き起こされました。卒業後は、その問題解決の一助となり、少しでも福島県の復興に貢献することができるような仕事をしたいと考えていました。当社では、環境回復に関連する事業も手掛けていることを知り、志望しました。
2.現在の職務
私は、放射化した金属材料の特性評価試験や福島第一原子力発電所の廃炉技術開発に関する材料試験、それらに関係する放射性同位元素等の管理取扱い業務に携わっています。光学顕微鏡や電子顕微鏡など様々な試験研究機器を駆使して日々の業務に取り組んでいます。
3.今後の抱負
業務を行う際は、放射性物質を筆頭に危険物や毒劇物といった物質を取り扱います。安全に業務を遂行するには、それらの物質の性状や管理方法を正しく理解することが重要です。そのためにも、取扱い管理に関する資格を積極的に取得していきたいと思っています。また、現在行っている材料試験は、諸先輩方が長年築きあげてきた技術があったからこそ成り立っています。その技術を着実に継承していきたいと考えています。
ひとことメッセージ
現在、福島の復興に関連する仕事に携わっていることに誇りと責任を感じています。まだ経験も浅く、微力ですが、いつか大きな成果に繋がると信じています。
原子力に興味がある方は、ぜひ一緒に頑張りましょう。